沈着したしみにも効く

医師

にきび跡を治すためには

ニキビが出来ると、本当に憂鬱な気分になりますよね。 やっと治ったと思ったら、肌がデコボコになってしまったり、シミのように色素沈着してしまったら、人に会うことも嫌になってしまいますね。 にきび跡が出来てしまったら、諦めなくてはならないのかと思う方が多いと思いますが、現代の医療レーザー技術をすれば、目立たなくすることができます。 もし、にきび跡を治したいと本気で思っているのなら、わきが治療なども行われている美容外科クリニックへ相談してみてください。 にきび跡には、個人差があり、レーザーも豊富な種類があります。 フラクショナルレーザーや、ブリッジセラピーがありますが、個人のにきび跡の状態を見て、医師がどのレーザーをするか判断してくれます。

医療レーザーを受けて肌を綺麗にしよう

医療レーザーをすることで、肌の奥の真皮の部分を回復させることができます。 フラクショナルレーザーは、レーザーで目に見えない穴を開けることによって、肌の自然治癒力を促し、肌をツルツルにする効果があります。 毛穴や、浅いクレータータイプに効果があります。 麻酔をしてから治療を行う為、痛みはほとんど感じることなく、受けることができます。 ブリッジセラピーは、フラクショナルレーザーでは届かない深い部分まで、目に見えない穴を開けることによって、アイスピックタイプの深いクレーターに効果があります。 レーザーを1度行うと、15パーセント程の肌を入れ替えることができます。 全ての肌が生まれ変わる為には、4回程治療を受ける必要があります。

Copyright© 2017 わきが治療も美容整形の力で施せる【あらゆる所をビューティーに】 All Rights Reserved.